新着情報

服装をチェックする

花と数珠

女性が神戸で葬儀に参列するときは、できるだけ黒い服にシンプルなメイクやヘアスタイルにする必要があります。派手なアクセサリーやバッグ、ネイルも避ける必要があります。

もっと読む

男性のマナーを知る

遺骨

男性が葬儀に参列する場合も服装のマナーがあります。神戸にも様々な葬儀場がありますが、基本的に着用する全ての衣類や小物は黒で統一し、シャツは白を着用するのがマナーです。

もっと読む

葬儀の方法を理解する

マナーを事前に確認

日本は仏教大国ですが、その中でも多くの宗派があるので、それぞれで若干葬儀方法も異なります。神戸でも多くの葬儀場があり、それぞれ特色ありますが、基本的な葬儀方法はどこも同じです。葬儀はマナーがしっかりしているので、参列する前にお焼香の方法を理解しておく必要があります。お焼香の回数は各宗派によって異なるので、事前に確認しておくことが大切です。葬儀の司会者がお焼香の回数を事前に伝えてくれる場合もあります。神戸で葬儀に参列する際に、もし自分の宗派と故人の宗派が異なる場合であれば、できるだけ故人の宗派に合わせた方法で行なうのが良いと言われています。葬儀ではあらゆるお焼香の方法を始めとして、服装にも様々なマナーがあるので、しっかりと理解しておく必要があります。

お焼香の方法を理解する

神戸の葬儀でお焼香をするときには、まずは喪主側に一礼をし、その後親戚や身内の方達に向けて一礼をします。神戸で行なう葬儀も葬儀場によって喪主側の場所が変わってくることもあるので、お焼香をする前にチェックしておくことが大切です。その後故人に向けて一礼をしてお焼香をします。お焼香をするときには大体2回から3回程度おでこの方に上げてから行ないます。もし回数がわからない場合は前の人と同じ回数をするのも1つの方法です。その後合掌して心のなかで気持ちを唱えます。この時にあまり長い時間合掌をしないようにすることがポイントです。その後故人に一礼、喪主側に一礼、親族側に一礼をします。神戸で葬儀に参列するときにメインで行なうのがお焼香となるので、あまり葬儀に参列したことが無い人はマナーを理解しておく必要があります。

投稿記事

告別式やお通夜

ロウソク

葬儀に参列するときには服装や香典金額以外にも多くのマナーがあります。神戸で行なう葬儀場によって形式が違う場合でも、お通夜や告別式のマナーは同じです。遺族に配慮した行動が大切です。

もっと読む

香典を理解する

お焼香

葬儀をするときに多くの人が迷うと言われているのが香典に関することです。特に香典金額や包み方は迷う部分と言われています。神戸で行われている香典の相場は5千円と言われていますが、親族や故人との関係性で変わってきます。

もっと読む